イクメンライフハック

広島発!子育てライフハック。 ワーママとの育児分担、家事、時短、仕事と育児のバランスなどのライフハックを中心に書いています。

【書評】おやすみ、ロジャー カール=ヨハン・エリーン著

   

7D1_0854

こんにちは。たちぼー(@tachibow)です。

スポンサーリンク

以前の記事で、息子がなかなか寝てくれないとこぼしておりましたが、それを読んだ方からおすすめの本をご紹介されました。なんでも絵本を読み聞かせてる途中で子供が寝てしまうぐらい強力な寝かしつけ効果があるそうです。これは期待せずにはいられません!早速手に入れてみました。

夜寝るのが遅くて困っていまーす(泣)
こんにちは。たちぼー(@tachibow)です。来月3歳の誕生日を迎える息子ですが、最近仮面ライダーを覚えました。毎晩ごっこ遊びに付き合わせられて、男の子の父親になった...

■どんな本?

内容(「BOOK」データベースより)

たった10分で、寝かしつけ!読むだけでお子さんが眠る「心理学的効果が実証済み」の今までにない絵本です。米・英・仏などで続々アマゾン総合ランキング1位の世界的ベストセラー。

内容紹介

木下優樹菜さん大推薦!
「読んでいるママも一緒に眠くなっちゃうくらい引き込まれる、寝かしつけの絵本です! 」
米英仏スペインなどで続々アマゾン総合ランキング1位の世界的ベストセラーが日本上陸!
読むだけでお子さんがすぐ眠る、心理学的効果が実証済みのまったく新しい絵本です。
「うちの息子は、3分ぐらいであくびを始めて、10分後には熟睡しました」
(イギリスのアマゾンレビューより)
心理学・言語学研究者の著者が、「子どもがなぜ寝たくない気持ちになるのか」を徹底的に考慮。
自然に眠くなるよう「ここを強調して読み、ここであくびするように」などの細やかな指示が入っています。
従来のいわゆる「おやすみ絵本」とは違ったコンセプトで、理論にもとづきお子さんをリラックスさせます。
英デイリーメール紙、テレグラフ紙、米CBSニュース、ハフィントンポスト紙、ニューヨークポスト紙等、 有力メディアが続々特集。
世界40か国で翻訳が決定するなど、世界的な規模で大ブームになっています。

出版社からのコメント

日本でも、発売前に、ママ・パパに試してもらいました!
「いつもは寝かしつけに1時間以上かかっていますが、この本を読んであげたら10分もしないうちにぐっすり。しかも、物語の途中でした」(4歳児の父、38歳会社員)
「いつまでも遊んでしまい、なかなか布団に入ってくれない元気すぎる姉妹……。それが、『お布団でロジャー読んで』と言うほど気に入って、寝ることを楽しんでくれるようになりました」(5歳児・3歳児の母、29歳主婦)

著者について

カール=ヨハン・フォルセン・アーリン
スウェーデン在住。心理学、言語学研究家。NLPマスタープラクティショナー。
本書は口コミで話題になり、自費出版本として英アマゾン史上初の「総合ランキング1位」に。アメリカ、フランス、スペインでも爆発的なブームとなる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

エリーン,カール=ヨハン
行動科学者。スウェーデンの大学でコミュニケーション学の講師を務める。心理学と行動科学の知識をいかして『おやすみ、ロジャー』を執筆し、2010年にスウェーデンで自費出版。2014年に英訳されると、あまりに効果が高いため口コミで話題になり、イギリスのアマゾン史上はじめて自費出版本として「総合ランキング1位」を獲得。それを皮切りにアメリカ、フランス、スペインなどでも次々とアマゾン総合1位を獲得、有力メディアが続々異例の特集を組み、一躍世界的ベストセラーに
三橋/美穂
快眠セラピスト。日本睡眠学会正会員。寝具メーカーの研究開発部長を経て独立。睡眠を多角的にとらえた実践的なアドバイスと、手軽にできる快眠メソッドが、テレビや雑誌等で支持を集め、睡眠のスペシャリストとして多方面で活躍。講演や個人相談のほか、ベッドメーカーのコンサルティングや、快眠グッズのプロデュース、ホテルや旅館の客室コーディネートなども手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

どうですか?本の紹介を読むだけで寝かしつけの悩みがバッチリ解決しそうじゃないですか?
もう、期待感バリバリでアマゾンでレビューを見てみたら、Amazonレーティングは星3.2。あれ、ちょっと少なくない?

■どういう理屈で眠くなるの?

この、おやすみ、ロジャーには、眠くなる心理学的な仕掛けがたくさん用意されているそうです。

心理学的仕掛けその1 アファメーション効果

この本にはアファメーション効果を狙った表現が数多く使用されています。アファメーション効果というのは自己暗示のこと。この本を例に取ると、「もっともっと」「ゆっくりゆっくり」「ゆらーりゆらーり」などリラックスして眠くなる言葉が効果的に繰り返し使われています。繰り返し自分に言い聞かせることで意識に働きかけ、催眠を誘導しているのです。

心理学的仕掛けその2 自立訓練法

医療現場でも使用される自律訓練法という手法が用いられ、身体をリラックスさせることで睡眠に入りやすくしています。この本ではウトウトフクロウさんが「私の言うとおり楽にしていいのよ~」「足首を楽にして」とリラックスした身体をイメージさせています。

読み聞かせる時の読み方にも指示がある

この本には読み聞かせ方の指示があります。
まず、最初に読み聞かせる時の指示です。

・ゆっくりと、できるだけおとぎ話にふさわしい声で読む
・他のことにいっさい邪魔されない環境で読み聞かせる
・途中でお子さんが寝てしまっても、起こさずにそのまま終わりまでとおして読む
・お子さんは絵を見ながら聞くよりも、むしろ横になってお話だけを聞くだけにする

次に慣れてきた時の指示です。

・太字の箇所は、言葉や文を強調して読む
・色文字の箇所は、ゆっくり、静かな声で読む
・【あくびする】など動作の指示に従い、【なまえ】にはお子さんの名前を入れる
・うさぎの名前、ロジャーは、ロー・ジーャーとあくびを2回しながら読んでもよい

読む側も慣れるまで大変ですが、出来る限り指示に従って読みましょう。

■読んでみて(と言うか読み聞かせしてみて)

結論から言うと、うちの子には効きませんでした。読み聞かせを始めると絵が気に入らないのか、「面白くなーい」「ほかの絵本が良い~」となってしまい、無理に読み進めようとすると機嫌が悪くなって癇癪を起こす始末。これでは寝かしつけどころではありません。とほほです。
Amazonのレビューにも効く子もいれば効かない子もいるようですし、うちの子には効かないのかもしれません。あるいはこちらの読み方が良くないのか・・・。

上記の心理学的な仕掛けや読む際のテクニックなどを試す前に門前払いを食らった感じですが、Amazonレビューによるともう少し年上(4,5歳)の子に効果アリという例が多いので、もう少し大きくなったら再チャレンジしてみようかなと思っています。

スポンサーリンク

 - イクメン書評 , , , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【書評】億の富の作り方 久保雅文著

こんにちは。たちぼー(@tachibow)です。 スポンサーリンク 一見イクメン …

【イクメン書評】新しいパパの教科書 ファザーリング・ジャパン著

こんにちは。たちぼー(@tachibow)です。 スポンサーリンク 昨日のイクメ …

【イクメン書評】新しいパパの働き方 ファザーリング・ジャパン著

こんにちは。たちぼー(@tachibow)です。 スポンサーリンク 先日のエント …

【イクメン書評】子供が自分で伸びていく6つの習慣 八田哲夫著

こんにちは。たちぼー(@tachibow)です。 スポンサーリンク 私のパパ友の …