イクメンライフハック

広島発!子育てライフハック。 ワーママとの育児分担、家事、時短、仕事と育児のバランスなどのライフハックを中心に書いています。

共働き夫婦が生後2ヶ月の我が子を保育園に入園させるためにやったこと

      2014/09/12

保育園

こんにちは、たちぼー(@tachibow)です。今回のエントリーは共働き夫婦の最大の関心事と言っても良い保育園のこと。働くパパ・ママを取り巻く環境はとても厳しい日本ですが、その中でも子供が保育園に入れるか入れないかということは生活や収入が大きく変わる文字通り死活問題です。
幸いにして我が家では生後2ヶ月目から認可保育園に入園できました。そこでライフハック的に記事をまとめようと思ったのですが、保育園や待機児童の問題は自治体によって対応も様々ですし、親の状況によっても対応が変わってくるので、たちぼー家の事例ということで入園に際しどのようなことをしたのかを書きたいと思います。これから保育園の入園をお考えの方の何かの参考になればと思います。

スポンサーリンク

 

■保育園の空き状況のチェック

僕が住んでいる広島市はホームページで認可保育園の空き状況を毎月公開しています。入園希望を出す半年ぐらい前から毎月チェックをして空き状況の傾向を確認していました。その時の感想は割と空きはあるもんだなぁというものでした。もちろん申し込みが殺到する月もあるでしょうから油断はできません。空き状況を公開していない自治体もあると思いますので、その時は認可保育園のリストを作って直接電話して確認してみるのも手ですね。

 

■実際に見学してみる

働くパパや職場復帰を目指すママにはなかなか時間が取れなくてハードルが高いかも知れませんが、保育園を実際に見学することをおすすめします。小さな我が子を預かっていただくところです。どういった育児方針なのか、どのような先生方がいるのか、熱を出した時の対応など、実際に見学して分かる部分もあります。例えば保育園の実際の空き状況など、生の情報が手に入ることも大きなポイントです。また、うちの場合、妻が切迫早産で妊娠中期以降仕事を休んでおりましたので、すぐにでも職場復帰できないと契約更新がない可能性があることなどもアピールしました。

 

■申請用紙の希望欄は紙を付け足してでもすべて書く

役所へ提出する入園申請書類には、希望する保育園を希望順に書く欄があります。うちの場合はその欄に紙を付け足して、保育園リストにあるすべての保育園を記入しました。意味は無いかもしれませんが、こちらの必死さは伝わると思います。ちなみに希望上位には、事前に調べた保育園の空き状況で空きの数が多く可能性が高そうなところ、家と職場の途中にあり便利なところなどを中心に記入しました。

 

■保育園の入園申請に抜け道はない。できる限りの手を打っておこう

入園申請に際して、役所の担当の人に聞いてみたところ、「総合的に判断します」ということで、判断基準なども公表されていないようでした。希望上位の保育園に空きがあっても希望下位の保育園に決まることもあるようです。(うちがそうでした) うちの場合は決まった保育園が私立の第1希望の保育園の系列保育園だったため、園長先生が第1希望の園に空き状況を確認してくださって、転園届けを出したら後は任せてと言われ、その通りにしたら翌月には転園を認めてもらえました。見学の時などにしっかりとコミュニケーションを取って、味方を作っておくことも大事だと思いました。あくまでも我が家の例ですので、こんな話もあるんだ程度の参考にしていただけましたら幸いです。

子育て情報 ブログランキングへ

広島ブログ

スポンサーリンク

 - 保育園のこと , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

4月になって保育園に行くのを嫌がらなくなりました

こんにちは。イクメンブロガーのたちぼー(@tachibow)です。4月から晴れて …