イクメンライフハック

広島発!子育てライフハック。 ワーママとの育児分担、家事、時短、仕事と育児のバランスなどのライフハックを中心に書いています。

【イクメン書評】新しいパパの働き方 ファザーリング・ジャパン著

      2016/02/21

IMG_5663

こんにちは。たちぼー(@tachibow)です。

スポンサーリンク

先日のエントリーでご紹介したNPO法人ファザーリング・ジャパン著の新しいパパの働き方 を読了しましたのでその書評です。

■どんな本?

内容(「BOOK」データベースより)

『育キャリ』=「仕事にも育児にも精一杯全力で取り組むこと」。「仕事」も「パートナー」も「子ども」も、ぜんぶ大切にしたいパパたちへ。理想のワークスタイル&ライフスタイル実現のためのヒントが満載!

著者について

「子どもが生まれ、父親になったら、仕事も育児も両立しながら楽しんで生きていきたい」。そうした「Fathering=父親であることを楽しもう」という意識をもった育児世代のパパたちを支援するため、2006年に設立。「いい父親ではなく、笑っている父親になろう」をメッセージに、年間300回を超える講演会やセミナー、イベントを実施している。主な事業に、ファザーリング・スクール(父親学校)、フレンチトースト基金(父子家庭支援)、さんきゅーパパプロジェクト(男性の育休取得促進)、イクボスプロジェクト(管理職育成)、ペンギンパパプロジェクト(産後うつ予防)、タイガーマスク基金(児童養護施設の子ども達支援)、パパエイド基金(被災地支援)、イクジイ(孫育て)、マザーリング(母親支援)などがある。会員数は約400名(2014年6月現在)、うち男性95%。各地に支部団体も設立している。

 

対象はお子さんのいる男性。前著と違ってお子さんの年齢は関係ないようです。育児をしながらどのように自分のキャリアを育ててゆくのかがテーマですので、男性ならパパになる前から読んでおいたほうが良いかもしれませんね。
ちなみにアマゾンレビューでの評価は星4.5。良いスコアですが評価者が2名ですのでその辺りも割り引いたほうが良いかもしれません。

■読んでみて

前著、新しいパパの教科書を読んだ時と違い、読後の第一印象はふ~ん、なるほどね。です。
内容に問題があるわけではなく、働き方というものは自分が所属する会社との向き合い方であり、その会社というのが法人と人の字がつくぐらい同じ会社が2つと無いような個性を持っているので、概論で語っても実際に各人に落とし込めるものなのかな?と思った次第です。職種によっては本書に提示していることが机上の空論にすぎないケースも有ると思いますと言ってしまえば、重箱の隅をつつく話になってしまうかな。

本著では、従来からある働き方「バリキャリ」「ゆるキャリ」のほかに「育キャリ」と言う働き方を提唱しています。
ここで言う育キャリの定義は、

仕事にも育児にも精一杯全力で取り組むこと。

そんなこと言ってもこっちは仕事と育児の両立がむずかしいから悩んでるんだよ!と言いたくなります。そこで本著では「育キャリ」を更に3つのモデルに分類してご自分のライフスタイルに合った「育キャリ」を選べるように提唱しています。

曰く「上昇志向パパ」「家庭志向パパ」「柔軟志向パパ」。
それぞれプライオリティを「仕事」「育児」「その時々」に置いていると表現すればわかりやすいでしょうか。

そしてこの3つのモデルそれぞれについて、テクニック的なことやマインドについてなど割と具体的に書かれています。

本著後半部分では、パートナーとの関係構築や時間捻出のためのテクニックなど実際にすぐに使うことの出来るものを中心に紹介してあります。この部分はパパでなくても社会人として知ってて得するテクニック満載ですので一読の価値はあると思います。

☆ブログランキング参加中☆
よろしかったらクリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパ ブログランキングへ

スポンサーリンク

 - イクメン書評 , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【書評】おやすみ、ロジャー カール=ヨハン・エリーン著

こんにちは。たちぼー(@tachibow)です。 スポンサーリンク 以前の記事で …

【イクメン書評】子供が自分で伸びていく6つの習慣 八田哲夫著

こんにちは。たちぼー(@tachibow)です。 スポンサーリンク 私のパパ友の …

【書評】億の富の作り方 久保雅文著

こんにちは。たちぼー(@tachibow)です。 スポンサーリンク 一見イクメン …

【イクメン書評】新しいパパの教科書 ファザーリング・ジャパン著

こんにちは。たちぼー(@tachibow)です。 スポンサーリンク 昨日のイクメ …